カートの中

  • 合計数:0
  • 合計金額:¥ 0
カートに商品がありません。

ご利用ガイド

よくある質問

お問合せ

ログイン

クロロフィルメーター / CHL-5Z

クロロフィル濃度に応じて発生する蛍光強度をリアルタイム測定。

  • ウラニン濃度・クロロフィル濃度表示
商品ID
511
商品名
クロロフィルメーター
型式
CHL-5Z
レンタル価格

正確な日数の金額を知りたい場合は、下記の自動見積を行ってください。

  • ¥52,400 /基本料金(税抜価格)
  • ¥2,020 /1日料金(税抜価格)
メーカー
笠原理化工業
免責金額
¥50,000 補償について

概要

青の光を吸収して赤い光(蛍光)を発生する性質を利用して投光部に青色の励起光源を、受光部に赤の蛍光を受光する検出器構造とすることで、植物プランクトンの生きた細胞中のクロロフィルの濃度に応じて発生する蛍光強度をそのまま測定することがでます。

特長

  • クロロフィルによる蛍光強度をリアルタイム測定。
  • 検出器を直接水中に浸漬して測定可能。
  • ウラニン濃度から相関係数を入力してクロロフィル濃度に演算表示が可能。

用途

  • 養殖場、水産資源研究、河川、海、湖沼の赤潮やアオコなどの環境調査。
  • 植物プランクトン(藻類)の葉緑素含有の細胞研究、培養試験など。

測定

測定値はウラニン濃度表示ですが、相関係数を入力・設定することでクロロフィル濃度に換算表示が可能です。
ウラニン濃度とクロロフィル濃度の相関係数 y=a+bx を入力して演算が可能です。また、手分析で求めた検水のクロロフィル濃度で2点校正も可能です。

クロロフィル表示

測定原理

測定原理

クロロフィルは、青の光を吸収して赤い光(蛍光)を発生する性質を利用して投光部に青色の励起光源を、受光部に赤の蛍光を受光する検出器構造とすることで、植物プランクトンの生きた細胞中のクロロフィルの濃度に応じて発生する蛍光強度をそのまま測定することができ、培養試験や簡易的なクロロフィルの現場測定に適しています。 この蛍光強度はプランクトンの種類等で異なりますのでクロロフィルの絶対値を求める場合、アセトン抽出測定法等との相関を求める必要があります。

アセトン抽出測定法

検水をフィルターで濾過し、アセトンなどの有機溶媒で抽出し、検液の一部を吸収セル(50mm)に採り、アセトン溶液を対照とし、光電分光光度計を用いて波長750nm、663nm、645nm、630nmにおける吸光度をそれぞれ測定します。分析で求めた663nm、645nm、 630nmの吸光度から750nmの吸光度を差し引き、吸収セル10mm当たりに換算したときの値をe663、e645、e630とし、次式によって検液1mL中のクロロフィルa量(aμg)を求めます。

クロロフィルa(aμg)=11.64(e663)-2.16(e645)+0.10(e630)

仕様

型式 計器:CHL-5Z
検出器:CHL-120D(ケーブル 6m標準)
測定対象 クロロフィル
測定範囲 0.0~200μg/L(ウラニン換算蛍光強度)
分解能 0.1μg/L(0.0~99.9μg/Lの範囲で)
1μg/L(100~200μg/Lの範囲で)
表示 LCD 3・1/2桁
測定波長 励起波長:460nm
蛍光波長:590nm
再現性 ±2%以内(一定条件で)
測定方式 センサー部浸漬測定
警報表示 BAT、CAL、S、ERR、測定範囲外で点滅表示
測定水条件 5~35℃(凍結しないこと、日光等強い光を避けること)
保護構造 防塵、防水構造(IP63相当)
電源電圧 単4形アルカリ乾電池×3(DC4.5V)
寸法 計器:75(W)×38(H)×180(D)mm
検出器:φ40×250mm
重量 計器:約290g
検出器:約500g

構成品

本体(ストラップ付)、検出器(遮光カバー付)、校正容器、収納ケース、取扱説明書
01ご希望のレンタル商品をお選びください。 ご希望のレンタル機器の個数・期間などをご指定ください。後はお支払い方法・お届け先を入力すればご注文完了です。
01ご希望のレンタル商品をお選びください。 ご注文があったレンタル機器を問題がないか点検・確認後、発送させていただきます。
01ご希望のレンタル商品をお選びください。 レンタル機器がお客様のもとに到着いたしましたら、「レンタル機材構成品明細表」にて機器や付属品などの数量をご確認ください。
計測機器レンタルのキューブレンタル お気軽にお問合せ 機器がお客様に届いた日が、レンタル開始日です。

機器について、レンタルについてなど、疑問があればお気軽にお問合せください。